No.019 ギャビン・ライアル『深夜プラス1』(2007) ハヤカワ文庫

成毛さんの著書で
『鷲は舞い降りた』とともに現在の冒険小説の礎として紹介されていました

この本を読んで

1回読むだけでは気づかない伏線がたくさん敷いてあったはずです
もう一度読み直したとき、、

『鷲は舞い降りた』で感じた感動こそまだ味わえていませんが^^;

あーあそこはコーユーことだったのねって納得し
面白さをもっと感じられる本なんだろう思います


他にも読みたい本があるので再読はまたの機会にとっておくことにします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック